corporate outline

代表挨拶

皆さん、こんにちは。代表取締役の高垣輝嘉です。
日本は2007年、世界に先駆けて超高齢社会へ突入し、はや10年が経過しました。
超高齢社会は負の側面ばかりではなく、長寿社会の裏返しでもあります。
元気で長生きできる社会は幸せな社会と言えないでしょうか。
コラーゲンは従来、お肌につけて潤いを保つという考えに基づいて化粧品として使われてきましたが、
最近ではからだの内側から潤いを満たすという考え方から、
飲食物に配合されたコラーゲンを摂取するという方法がおおきな支持を集め、広まっていきました。
近年の研究からコラーゲン摂取が、お肌の健康に役立つことはもとより、お肌以外の健康増進にも
大きな役割を果たしていることがわかってきました。その一つがロコモティブシンドローム(運動器疾患)です。
さらに血管の柔軟性を保つことにもコラーゲン摂取が役立っていることが示唆され、
加齢による高血圧を和らげることが知られてきました。コラーゲンの研究は日本が世界をリードしています。
世界的に高齢化が進む今日、世界の人々の健康寿命を延ばし、
潤いのある生活の実現のために役立っていきたいと願っています。

2017年6月版

代 表プロフィール

1965年
大阪府吹田市に生まれる
1984年
京都大学農学部食品工学科に入学
1990年
京都大学大学院 農学研究科 修士課程修了
1990年
武田薬品工業株式会社入社 フードビタミン事業部に配属
1992年
ベターホームフーズ社(タイランド)に出向
1993年
株式会社カイトに転身 食品の開発輸入に従事
2002年
食品開発のコンサルティング業で独立開業
2007年
当社に技術顧問として参画
2009年
大阪支店開設 支店長に就任
2011年
代表取締役に就任(現在に至る)
2016年
THAI NIPPON RABJ CO., LTD.の代表を兼務

会社概要

商号
株式会社 ラビジェ  (英語表記:RABJ CO.,LTD.)
本社
〒105-0004 東京都港区新橋5-5-1 IMCビル新橋3F (地図)
TEL / 03-5405-1030 FAX / 03-5405-3077
創立
2003年 9月 12日
事業内容

・フィッシュコラーゲン・天然アパタイト(リン酸カルシウム)の製造、販売及び輸出入

・健康食品・化粧品原料の開発、製造、販売及び輸出入

・前各号に付帯関連する一切の事業

資本金
1億円(2008年8月現在)
取引銀行
三井住友銀行 鶴見支店 / 三菱UFJ銀行 鶴見支店 / みずほ銀行 青山支店 / 北國銀行 東京支店
役員
代表取締役 高垣 輝嘉
取締役 髙田 哲郎
取締役 田中 利昭
取締役 坂田 純
取締役 関本 邦敏
監査役 古瀬 鏡一
OEM工場
井村屋フーズ株式会社

沿 革

2003年 9月
東京都新宿区に会社設立
2004年 12月
東京都港区赤坂に移転
2007年 5月
大阪支店を西区に開設
2007年 6月
液体原料輸入し国内でスプレードライ開始
2007年 10月
本社を東京都港区新橋に移転
2008年 1月
タイ工場移転
2008年 2月
液体コラーゲン製品(一斗缶)発売
2009年 4月
大阪支店を淀川区に移転
2009年 9月
中国厦門での展示会に出展
2010年 12月
化粧品向け液体コラーゲン発売
2011年 7月
本社を新橋5丁目に移転
2013年 12月
大口ユーザー向け液体コラーゲン製品(240㎏ドラム)発売
2016年 8月
「乳酸菌LL-C」特許出願
2017年 6月
大阪支店閉鎖

事業内容

product
コラーゲン事業部

フィッシュコラーゲンに特化し、豚皮など他原料由来の製品は製造していません。
タイ・バンコク市近郊に自社工場を持ち、現地での原料調達から製品製造まで一貫して行っています。
随時、新製品の研究・開発を進めています。
2003年のタイ工場開設以来、現地サプライヤーの育成を進め、高品質の魚うろこを使用しています。
残留農薬・抗生物質の定期検査を行ないポジティブ制度への対応を進めています。

営業拠点

  • 本社

    〒105-0004 東京都港区新橋5-5-1
    IMCビル新橋3F
    TEL / 03-5405-1030
    FAX / 03-5405-3077

    MAP
  • タイ工場

    THAI NIPPON RABJ CO., LTD.
    55/237 Moo 6,
    Suchai Road, Thasai,Muang,
    Samutsakhon 74000, Thailand